*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
私のコト、好きだった?
昨日TVでやっていた「いぬのえいが」を録画してあったので観た。
映画館でやってた時に観に行こうと思っていたけど、時間が合わなくて行けなかった映画でした。
でも、映画館に行かなくて良かった…

思い切り泣いた。

タオルがびしょびしょになるくらい泣いた。

最後の「ねぇ、まりも」でボロボロ泣いた。

お風呂に入ってる間も涙が止まらなかった。
なんで、こんなに涙が出るんだよ!と何処かで呆れる自分がいるくらい、泣いた。

さっき、鏡見たら、目が腫れてた。

明日仕事なのに…

泣いている理由は、分かっている。

うちには、ワンコがいる。
狸みたいなコーギーくん。
でも、このコは二代目。
前にもコーギーがいた。
数年前にガンでいなくなってしまった。
犬の平均寿命は16年と言われてる。
でも、初代は、その半分。8年しか生きれなかった。

映画を観て、そのコのことを思い出したからだ。

初代君が来たのは、中学の時。
中学の入学祝いと寝坊対策の一環として、うちに来た。
それから、短大を卒業するまで(正確には、卒業式の前に死んじゃったけど)8年間一緒に暮らした。

塾で夜遅い時も親は寝てるのに、彼は起きて待っててくれた。
受験でイライラしてた時も足元で、じっと見ててくれた。
親と大喧嘩した時も絶対味方になってくれた。
熱を出して寝込んだ時は、心配そうにベッドから離れなかった。
寝るときも、良くベッドにもぐりこんできて、腕枕をせがんだ。
朝は、いつも起こしにくるのに、なぜかそのまま一緒に二度寝。

いつも私の傍にいてくれたコだった。

可愛いコだった。

本当に大好きだった。

でも、勉強で行き詰ったときなんか、八つ当たりしちゃったりもした。

たった一度だけ、八つ当たりの度が過ぎた事があった。

人が勉強で大変な思いしてる間も、こいつは、家で能天気に遊んでるんだ。

そう思ったら、憎らしくなって、本気で首を絞めて殺そうとしたこともあった。

普段、遊んでて叩いたり、耳を引っ張ったりしたら、吼えるなり牙をむくなりするのに、その時は、逃げもしないで、じっと私を見つめてた。

大丈夫だよ。
信じてるからね。
お姉ちゃんは、絶対酷いコトはしないから。

そんな風に言っているような目だった。

その目を見たら、なんか、凄く悲しくなって泣いた。

ゴメンねって。

そのコが、病気になった。

最初、膀胱炎だと言われた。
膀胱炎は、初めてじゃなかったので、直るだろうと思っていた。
でも、様子がおかしい。
その後、腎臓が悪いと診断される。
食事療法で直ると言われた。

でも、一年経っても治る様子は無い。

おかしいと思って病院を変えて、再診した。
腎臓が悪いと言うのは、誤診。
本当はガンだった。

気付いたときには手遅れ。

あちこちに転移していた。

それを言われたとき、誤診をした獣医の家に火をつけてやろうと本気で思った。(そんなことしても、病気が治るわけじゃない、と思い留まったけど)

ダメ元で手術をしよう。

あれよ、あれよという間に、手術の日取りが決まった。

最後に散歩に行った。

家の中にいるときは、歩くのも辛そうなのに「散歩に行くよ」というと、嬉しそうに着いて来た。

元気な時は、1時間でも2時間でも歩いて、でも途中で疲れて抱っこをせがまれた。

病気になってからは、30分も歩けなかった。

それでも、一緒に散歩に行きたがった。
絶対途中で抱っこ。
クタってくっ付いてくるのが可愛かった。

散歩が終わって、病院に行った。

すぐ次の日、手術だった。

手術の前に、獣医さんにお願いして、ボーロを数粒あげた。
私の手から、ボーロを美味しそうに食べた。
そして、そのまま、私の膝の上で麻酔を受けて眠った。
眠るまで撫でてた。

手術。

やっぱり手の施し様がなかった。

そのまま、二度と起きなかった。

後から獣医さんは、私に言った。

私の手からボーロを食べたけど。あの時、何か食べれるような体力は無かったはずだって。

前の日もだけど、ここ数ヶ月、喜んで散歩に行ってたというけど、散歩に行く体力も無かったはずだって。

それなのに、散歩に行って、ボーロを食べて。
それだけ、お姉ちゃんのことが好きだったのね。って


ムリだって分かってる。
でも、もしも、聞けるなら

私の家に来て良かった?

この8年間、短かったけど幸せだった?

私のこと、本当に好きだった?

そう聞きたい。

そしたら、映画みたいに「大好きだった」って言ってくれるか。
それとも、憎まれ口の一つや二つ叩くのか。

どっちにしても、たった8年しか一緒に入れなかった間、幸せだったか教えて欲しい。

そう思ったら、涙が止まらなくなった。

映画と同じで、二度と犬なんか飼わないと思った。
こんな辛い思い、二度としたくないって。

でも、結局、半年経たないで、二代目君が来た。

二代目君と一緒にいれるのが、あと何年あるか分からない。

(初代より長生きしろよ。と言い聞かせているが、本犬、理解しているのか…)

願うなら、二代目くんが生きている間に、もっと性能の良いバウリンガルが開発されて

私のこと好き?

うちにコになって幸せ?

この質問の答えが聞けるようになって欲しい。

映画を観ていて、ふと、そう思った。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付中)

狩乃の生態

狩乃

Author:狩乃
・一般人に擬態してるけど、最近、ファスナーが壊れてきた
・気付いたら某歌劇団の沼に落ちた
・どうやら底なし沼だったらしい
・好き嫌いと人見知りが激しく、裏表も激しいくて、口も悪い
・「来るもの拒んで、去るもの追わず」「友達は、両手で足りるくらいが丁度良い」
・そろそろ婚活しないとイロイロやばい
・どこかに落ちてないですか?

月別アーカイブ
出口
ブログ検索
カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
分類
最近のコメント