*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
本屋にイロイロならんでいるよね。
久し振りにトラバってみようと、テーマを読んでいたら、コレ⇒第317回「読書感想文は何の本で書きましたか?」だったので、参加しようと思います。

読書感想文…か、課題図書では一度も書いたことがありません。
課題図書って押し付けられている感があってイヤだった。

「ハっ、なんで、このオレが、お前らが選んだ本なんかで書かなきゃいけねぇんだ?」

てなもんでね。

だから、その時々で自分勝手に選んだ本で書いてました。

小学校のときは、読書感想文って強制だったけど、中学は違ったので、小学校のときの「何の本」かを書きます(ただし、覚えている限り)


1、2年 覚えていません
…覚えていた方が奇跡だよ(笑)

3年 「飛べないほたる」
…一応、賞を取った。その時の賞状は、引越しの際に失くしたっぽい。
多分、捨てた?
内容は、有名だから、説明する必要はないかと。

4、5年 「とうすけさん、笛を吹いて 著:香山彬子」か「十三湖のばば 著:鈴木喜代春」
…どっちで、どっちを書いたか忘れた。
多分、内容的に、「とうすけさん~」の方が簡単だから、4年だと思う。
「とうすけさん~」は、チョウゲンボウと少年との交流を描いた作品で、最後の章は涙なくしては読めません。でも、現在、絶版中
「十三湖~」は、青森の十三湖が舞台で、暗くて辛い内容です。十三湖で、生きている1人の老婆の生き様を書いた話。フィクションだけど、実際にあった「昔の日本」な話です。これは、今でも購入可能

6年 「二つの川 著:鈴木喜代春」
…リメイクして中1の時に再提出するという違法手段を取った過去あり(笑)
十三湖と同じ作者だったから、という理由で読んだけど、これは、十三湖以上に辛かった。
内容は、足尾鉱毒事件とイタイイタイ病の二つの公害病と戦った一人の農民の一生を書いた話
私は、十三湖よりも良い作品だと思うけど、残念ながら、絶版っぽい。

まあ、こんな感じですね。
一応、課題図書というのも読んだことには読んだけど、全然印象に無い。
題名も内容も覚えていない。
つか、課題図書って誰が決めるのよ。
最近の課題図書を見ていると、ロクデモない本ばかり並んでいる気がするのですが?




スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

狩乃の生態

狩乃

Author:狩乃
・一般人に擬態してるけど、最近、ファスナーが壊れてきた
・気付いたら某歌劇団の沼に落ちた
・どうやら底なし沼だったらしい
・好き嫌いと人見知りが激しく、裏表も激しいくて、口も悪い
・「来るもの拒んで、去るもの追わず」「友達は、両手で足りるくらいが丁度良い」
・そろそろ婚活しないとイロイロやばい
・どこかに落ちてないですか?

月別アーカイブ
出口
ブログ検索
カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
分類
最近のコメント