*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
一日中
寝てました。
雷の音が凄くて、何度か目を覚ましたけど、それでも気にせず夢現(笑)

お蔭で、色んな夢を見ました。
夢うつつだと、結構夢見るのね。

いやー面白かった。
そこら辺の映画よりも面白いですぜ、ワタクシの見る夢ってのは。
何しろ、ハリウッドも真っ青の内容だったりしますから(笑)

まあ、夢なので、結構支離滅裂だけど、「第三者的視点で見る」じゃなくて「自分が登場人物」だから、余計面白いのさね。

今回、最も印象深かったのが、微妙にホラー映画で微妙にSF映画で微妙にパニック映画で、ついでに、微妙にコメディテイストな一品

夢日記には書き止めて置いたので、あとで時間がある時に公開したいと思います。

どんなのか、触りだけ説明すると





宇宙から飛来した、1つの隕石。
全ては、その隕石から始まる。


---199X年 アメリカ NASA

ビービービー

けたたましいサイレンの音が、研究所の中に響く
防護服を着た、数人の男達が研究室の中に入ってくる。

そこには、蠢く何かが

「オマイガッ」(妙に英語な発音/笑)

(場所が変わって、研究所の外)

『ピーガガッ…こちら○…○研究…ガガッ…なんだこれは……う、うわぁあああ…ガガッ…ピーー』

「おい、○○っ、どうした。応答しろ」

しかし、無線から聞こえるのは、ノイズ音のみ

「どうした、なにが起こったんだ」
「分かりません」

只管に、無線で呼びかけるが、返信は無い

「隊長、我々も突入をっ」

隊長らしき人物が苦渋の決断を下す

「…第○研究所を封鎖する」
「しかし、中にはまだ」
「封鎖するんだっ!!」
「……はい」





みたいな感じ

今日見た夢の中ではダントツで面白かったデス。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

狩乃の生態

狩乃

Author:狩乃
・一般人に擬態してるけど、最近、ファスナーが壊れてきた
・気付いたら某歌劇団の沼に落ちた
・どうやら底なし沼だったらしい
・好き嫌いと人見知りが激しく、裏表も激しいくて、口も悪い
・「来るもの拒んで、去るもの追わず」「友達は、両手で足りるくらいが丁度良い」
・そろそろ婚活しないとイロイロやばい
・どこかに落ちてないですか?

月別アーカイブ
出口
ブログ検索
カウンター

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
分類
最近のコメント