*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
真夜中の戦い
さっきまで風呂に入っていました。
今日は、さっさと上がろうと思いシャワーオンリー
残念ながら、包丁を持った殺人鬼は来ませんでした(笑)

その代わりに、私を恐怖のどん底に落としいれたブツがいました。

それは 蜘蛛

蜘蛛ですよ
足が8本の糸を吐くアレ

あれが風呂から上がった脱衣所にいたのです。

それも、掌大のデカイ蜘蛛

思わず固まりました。
キャーともなんとも言えないのです。
ただ

(朝クモは縁起が良くて、夜クモは縁起が悪いんだよね。でも、殺しちゃいけないんだっけ?)

とぼーっと考えてました。
そしたら、蜘蛛のヤツウゾウゾウゾ~とコッチに向かってくるのです。
身の危険を感じたので、ヤツを飛び越え殺虫剤を取りに向かいました。
ヤツは洗い場の方へ入って行きました。

洗い場のドアを閉めて逃げられないようにし、毒ガス攻撃です。
小さく隙間を開けてキ○チョー○ジェット噴射っ!!!!!!!
押し続けること30秒
戸を開けて逃げてこられると怖いので、そのまま放置し、寝てた父親をたたき起こす。

「とー様起きるだよ。娘のピンチだーね。何も言わずにティッシュとビニール袋を持って風呂場へ行け。大丈夫だ。まだ11時だ!!明日5時起きでもあと6時間寝れる!!さあ行けパトラッシュ!!ボクはもう疲れたんだよ」

変なテンションの娘に起こされた父は渋々風呂場へ

洗い場を見て、父も固まりました。

「でか」

とヒトコト

あんなに大きな蜘蛛は、珍しいそうです。
珍しくても気持ち悪いものは気持ち悪いのです。
蜘蛛は蚊とか蝿とか食べてくれる良い生き物だそうですが、それでも目の前にいたらやっつけちゃいますよ。
善行は、人の見えないところでやるから素晴らしいのです。

本当に真面目に怖かったです。

正直まだ私変なテンションですよ。
文章も変なんだろうなぁ。

ま、いいか(笑)


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

狩乃の生態

狩乃

Author:狩乃
・一般人に擬態してるけど、最近、ファスナーが壊れてきた
・気付いたら某歌劇団の沼に落ちた
・どうやら底なし沼だったらしい
・好き嫌いと人見知りが激しく、裏表も激しいくて、口も悪い
・「来るもの拒んで、去るもの追わず」「友達は、両手で足りるくらいが丁度良い」
・そろそろ婚活しないとイロイロやばい
・どこかに落ちてないですか?

月別アーカイブ
出口
ブログ検索
カウンター

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
分類
最近のコメント