*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
山のようにありますぜ。親分
これは、私に「参加しろ」と言わんばかりのトラックバックテーマじゃないっすか。

「お勧めの本」を教えてください

でしょ。
山のようにございますわよ。
う~ふ~ふ~ふ~vvv
何冊お薦めしようかなぁ。

じゃあ、まず目に付いた本から


「リスト・オブ・セブン」上下  マーク・フロスト著

 ある日、若き医師コナン・ドイルの元に差出人不明の招待状が届く。
 好奇心の赴くままに、招待状にある指定の場所でドイルが見たものは、奇妙な降霊会と、血生臭い惨劇だった。
 その場から、命からがら逃げたドイルを謎の襲撃者が狙う。
 絶体絶命のドイルを助けたのは、女王直属特別捜査官のジャック。
 彼の口から明かされた恐るべき敵の正体とは一体!!
 
 ホームズのパロディは数あれど、ドイルが主役と言うのは珍しいのでは?
 ドイルが主役のため、あちこちにホームズのパロディが散りばめていて、それを探すのも面白い☆
 続刊で「ドイルと、黒い塔の六人」上下もあるんです。
 作者が、あのツインピークスの共同制作者の1人らしいです。



 「カモメに飛ぶことを教えた猫」 ルイス・セプルベダ

 一羽のカモメが、原油の波に飲み込まれてしまう。カモメの名前はケンガー。
 なんとか、死の波から逃れ、力の限り飛び続けるが、ハンブルクのとあるバルコニーに墜落してしまう。
 そこには一匹の黒い猫がいた。名前はゾルバ。
 ケンガーは、ゾルバに三つの約束を誓ってもらう。
 1.これから産み落とす卵を決して食べない
 2.雛が生まれるまで、その卵の面倒を見る
 3.雛に飛ぶことを教える
 約束を守り抜こうとするソルバと「港の猫の名誉にかけて」と彼を全力でサポートする仲間たち。
 ゾルバは、雛に飛ぶことを教えられるのか。
 
 子供向けなのか、読み易い文章なので活字が苦手な人でも大丈夫。
 主役のゾルバが、固茹でちっくな雰囲気を漂わせつつも優しくて、包容力たっぷりの猫なんです。
 他にも個性豊かな猫が沢山。
 惚れますよ。本当に。


 と、まあ今回は、二冊お薦めしました。
 正反対の二冊にだよね。これ。
 
 リストオブ~は、今は確か絶版だけど、結構古本屋に流れているのを見ます。
 カモメ~は、私の持っているのはハードカバーだけど、文庫サイズでも出ているから、手に入りやすいと思います。

 さてさて、まだ沢山お薦めの本はあるので、明日もテーマに乗ってみようかな。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

狩乃の生態

狩乃

Author:狩乃
・一般人に擬態してるけど、最近、ファスナーが壊れてきた
・気付いたら某歌劇団の沼に落ちた
・どうやら底なし沼だったらしい
・好き嫌いと人見知りが激しく、裏表も激しいくて、口も悪い
・「来るもの拒んで、去るもの追わず」「友達は、両手で足りるくらいが丁度良い」
・そろそろ婚活しないとイロイロやばい
・どこかに落ちてないですか?

月別アーカイブ
出口
ブログ検索
カウンター

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
分類
最近のコメント